2054

AMD CPU二種でベンチマークを回してみる

最近は大きなAMD旋風が来ており、これはもうAMDで組むしかないでしょ!というわけでAMDマシンを組んでみたので、ついでにベンチを回してみました。

なんでもAMDのCPUに乗っているグラフィック機能は非常に高性能なのだとかなんとか!(実際Intel HD Graphicsより色は良い様に思います)

今回用意したのはAMD Ryzen5 3400GAMD Athlon 200GEの2つです。結果としてはどちらも悪くないスコアを出しています。

基本スペック

構成 製品 備考
OS Windows 10 Pro
MEM Panram D4U2666PS-8GC19 DDR4-2666 8GB * 2
M/B ASRock A320M-ITX Mini-ITX, A320, AM4
CPU Cooler Cooler Master Hyper H412R
PSU Thermaltake TR2 450W V2 GOLD 450W 80PLUS GOLD
Strage ADATA Ultimate SU750 ASU750SS-256GT-C SATA SSD 256GB
Case Thermaltake Core V1
Front Fan Thermaltake TT-2030 200mm * 1
Rear Fan GELID Solutions Silent 8 PWM 80mm * 2

各ベンチ結果

AMD Ryzen 5 3400G

4コア8スレッドTDP65WでRadeon RX Vega 11 Graphicsを搭載したAMDの最新CPU(2019/07/07発売)。Intelだとi5相当でしょうか?Core i5 8500なんかが価格的に対抗馬に見えますね。

現時点でのツクモ価格は20,304円なので最新CPUとしてみるとコスパは悪くない気がしますが、額面性能に大きな差がない2400Gが14,079円なので性能的には割高にも見えます。

漆黒のヴィランズ ベンチマーク

スコア 4,435
目安 快適
解像度 1920×1080
モード 仮想フルスクリーン
品質 標準品質(デスクトップPC)

CPU単体でこのスコアは中々悪くないと思います。ベンチスコアだけで全てを語ることは難しいですが高難易度以外はそれなりにプレイできるのではないでしょうか?

CPU温度

62度までしか上がっていないため特に問題はなさそうです。ファンの回転数を3桁に抑えてこれなので、発熱は少なさそうな気がします。

CINEBENCH

マルチコア 1,871
シングルコア 372

これだけだといいのか悪いのかはちょっと謎ですね…。

AMD Athlon 200GE

2コア4スレッドTDP35WでRadeon Vega 3 Graphicsを搭載したAMDの格安CPU。IntelだとCeleron相当でしょうか?Pentium G4560なんかが価格的に対抗馬に見えますね。

現時点でのツクモ価格は5,810円なので非常に安価です。但しローエンドCPUなので様々な機能が劣化しています。例えばPCIeレーンは4本しかありません。

漆黒のヴィランズ ベンチマーク

スコア 2987
目安 やや快適
解像度 1920×1080
モード 仮想フルスクリーン
品質 標準品質(デスクトップPC)

え!?やや快適!?5,810円のCPUでFF14が動く上に、やや快適!?なんだかこれはすごい気がしますよ…!

何故なら数万するグラボを積まなくてもFF14を動かすことができるのですから!

勿論画質は犠牲になり、画面もカクカクですが、動くことには動きます。

※FF14をする目的でこのCPUを買うのは非推奨です。ネタの域を出ません。

CPU温度

なんと最高温度は驚異の38度!ええーっ!?って感じですね。正直意味不明です。ファンも余裕の低速回転です。まぁRyzen5と回転数ほぼ変ってませんけd

CINEBENCH

マルチコア 765
シングルコア 300

マルチコア性能はRyzen 5 3400Gと比較すると悲惨な結果ですが、シングルコアで見ると値段の割には健闘しているように見えます。500MHzほどクロックに差があるので、恐らくその影響でしょうか。

このCPUは中々面白いのでそのうちまたレビューしたいと思います。

りこ🍥
  • りこ🍥
  • 🌌ネトゲ廃人を経てWeb漂流物に成り果てた何か。さて次へ向かう先はどこやら。えっちらほっちら。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。