2487

GIGABYTE Z390 AORUS MASTERを使ってみた感想

こちらも前記事同様諸事情で手放すことになったので簡単にレビュー。使用期間は二週間程度。

外観など

ASUS ROG STRIX Z390-F GAMINGの箱と比べると一回りほど大きめです。

本体

ヒートシンク付きNVMeスロットx3というのが非常に目を引きますね。間違いなくこのマザーの魅力の一つだと思います。そもそも3枚挿せるマザー自体が多くない。

裏面

なんとカッコイイバックプレートがついています。短絡防止でしょうか?CPUのバックプレートは付いてません。撮影タイミングが悪かっただけなので気にしないでください。

CM 690 IIIのCPUメンテナンスホールからCPUバックプレートが完全に露出するのは評価ポイントです。

表面

かなり乱暴な感じで保護フィルムが巻き付けてあります。ケースにはめる前に剥がしたほうがいいです。剥がすのに苦労します。

因みに左側のネジは着脱が地味に面倒です。理由はフレームがこの上なく邪魔だから。デザインなんでしょうがユーザービリティ損ねている気がします。

DIYフレンドリー

各コネクタに視認性の良い印字や色付けがされており、直感的に組めるという意味では良いポイントだと思います。

DIYアンフレンドリー

CPU電源の隣にファンピンヘッダがあるのですが、非常に狭い場所に配置されていてかなり挿しづらいです。殺意を抱くレベル。

そもそも放熱フィンなどが密集してる関係でCPU電源も挿しやすいとは言えません。ケーストップが全開にできないとしんどい気がします。

組み終わり図

光らせてるのはちゃんとしたのを撮ってなかったのでナシで…。

評価

拡張性 ★★★★★
拡張は非常に高く、文句一つないレベルです。
NVMeスロットx3
PCI Express x16強化スロットx3
PCI Express x1スロットx3
バックパネルUSBポートx10
CPUファンヘッダx2
ケースファンヘッダx4
水冷ポンプヘッダx2
ARGBヘッダx2
RGBヘッダx2
メモリOCはDDR4 4400までサポート
WiFi, Bluetoothサポート
勿論他にも一般的な機能は一通りあります。
見栄え ★★☆☆☆
いい画像が残ってないのでアレですが、あんまり光りません。地味です。
製品の公式ページは結構誇張してますが、それでも大して光ってないと思います。
正直RGB Fusion自体が微妙なのでは説も個人的に…
組みやすさ ★★☆☆☆
一部のコネクタ配置が殺人的だったり、一部のネジが着脱しづらかったり、M2ヒートシンクのネジとM2固定ネジが紛らわしく、間違えるとM2SSDの基板や端子を損壊する可能性があります。またスペーサーがあまり親切でないのでM2SSD本体のネジ穴を痛めやすいかも知れません。
反面、システムピンはクイックコネクタが存在したり、CPUメンテナンスホールが狭いケースでもCPUバックプレートが露出できたり、いい面もあります。
相性問題 未評価
これは確定情報ではないので鵜呑みにしないでください。
サポートリストにないメモリを3枚以上挿すと起動しなくなる可能性があります。
検証環境が色々不足しており、検証が不完全なので、可能性だけの話です。
付属ソフト ★★★★☆
多機能で悪くないのですが、複数のアプリに分裂していて導入や管理がやや煩雑な印象です。またUIがイマイチ古臭く微妙な感じもします。
コスパ ★★★★★
非常に高い拡張性、機能性を持つにも関わらず、34k程という価格は魅力的で、十分に買いだと思います。GIGABYTEに親を殺された人以外にはオススメできる最高のモデルと言えます。特にGIGABYTEのグラボと合わせるなら付属ソフトでグラボと連携できるため超オススメと言えます。
総評 ★★★★☆
豊富なNVMeスロットによりPCの高速化が容易に達成でき、USBポートの豊富さにより様々なデバイスをぶら下げることも可能で、多数のファンヘッダとARGB, RGBヘッダによりケース内の冷却やドレッシングがしやすいなど、非常に拡張性に富んだマザーボードであり、Bluetooth機能により対応機器とのペアリングは勿論のことWindows10の動的ロックが使えるのも魅力と言えます。
反面、ユーティリティの管理や、組みやすさ、見栄えなどに微妙な欠点を抱えており、個人的には不満が残る結果となりました。
製品としては非常にいいものだと思うので、強くオススメできる一品だと言えます。

おまけ

色々な不運が重なり二枚も買う羽目になったので記念撮影したものです。この価格帯の同一マザーを同時に二枚も買うことは今後ないと思うので本当に記念ですね。因みに片方は売却済みで、もう片方は修理に出していて、戻ってきたら売却予定です。(本当はいろいろ検証したいんですが、ちょっと色々余裕が無いので…)

りこ🍥
  • りこ🍥
  • 🌌ネトゲ廃人を経てWeb漂流物に成り果てた何か。さて次へ向かう先はどこやら。えっちらほっちら。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。