1061

Raspbian 9.4(stretch)にVSCodeをインストールしてみた

VSCodeがインストールできなかった話

debファイル編

apt-getでのインストール文字列がわからんので公式サイトに行くと親切にもdebファイルが置いてあります。いい時代になったものです。

こりゃ楽ちんと落としてみてインストールを試みても残念ながら以下のようにコケます。

ファイルのインストールに失敗しました。

操作を完了するためのパッケージが見つかりません。
詳細は、レポートを見てください。

snap編

snapとはなんぞや?って感じなんですが、Canonicalが開発したパッケージマネージャのようですね。

VSCode公式でsnapでのインストール方法が書いてあるので試してみました。

その前にsnapをインストールしなきゃなので、以下の公式の手順でインストールします。

Installing snap on Raspbian

それが終わったらいよいよsnapを使ってvscodeをインストールするわけですが、またしてもコケます。

結果的にインストールした方法

いやいやまさか天下のUbuntuの派生品であるRaspbianにインストール出来ないわけ無いでしょう(笑)という感じだったのでググったら出てきました。

Fail to install VScode on raspberry pi 3b

要するに以下のコマンドを叩くことでインストールできる訳ですね。

果たして起動するのか!?

ラズパイのスペックは大変貧弱でChromeですら動作が不安定なので、VSCodeが動くのかどうか大変疑問ですが、とりあえず起動してみることにします。

code-ossコマンドを叩くか、スタートメニュー?に登録されてるのでそこから起動できます。

さて起動してみましょう

何も表示されてませんね?

どうやらダメそうです。
しかしWindowsでGPIOの開発はできないし、どうしたものか…
(pip install rpi.gpioがコケた)
勿論やろうと思えば不可能ではないんですが、テキストエディタコーディングなんて今どきやりたくないんですよね…
おまけにデバッグはデプロイしないとできない上に、ログ出力しか追えないとなるとしんどすぎる…

りこ🍥
  • りこ🍥
  • 🌌ネトゲ廃人を経てWeb漂流物に成り果てた何か。さて次へ向かう先はどこやら。えっちらほっちら。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。