1378

Rift Sのケーブルを宙吊りにしてみた。

Rift Sを使う上で問題になるのがケーブルの存在だと思います。その場でぐるぐる回転とかすると体にケーブルが巻き付いて身動きが取れなくなるんですよね。

今回はそれを解決するためにケーブルを宙吊りにしてみたので、そのグッズの紹介です。

概要

今回使用したのはHyperkin FreeStep VR Cable Management System。この製品はアスクが販売代理店になっている為、他の怪しい中華製品と比べると安心感があります。

一ヶ月だけですが製品保証もついています。

商品画像

シール付きフックと滑車、カラビナが6つ付属しています。六角のようなものも6本付属していますが何に使うのかはよくわかりません。

滑車にもシールが付いていますが、触ってみた感じ接着力はあまり高くなさそうでした。

フックのシールはそれなりに強力で、貼ってすぐ剥がしたら壁紙の表面が剥がれたので、綺麗に剥がすことには期待しないほうが良さそうです。

またフックのシール部分は曲がるので突っ張り棒などに貼り付けることも可能と思います。

設置風景

部屋が狭いのでこんな感じです。延長ケーブルは使わずRift Sのケーブルだけで完結させています。

これでもケーブル長が結構ギリギリなのでガーディアンエリアが1mを超える人は延長ケーブルをつけたほうが良いと思います。

滑車のおかげでケーブルの位置が伸びるので動き回ることに支障はない様に思います。また伸びた分はちゃんと戻りました。

本体の収納場所についてですが、私は近くのカラーボックスの上に乗せています。

りこ🍥
  • りこ🍥
  • 🌌ネトゲ廃人を経てWeb漂流物に成り果てた何か。さて次へ向かう先はどこやら。えっちらほっちら。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。