700

WordPressのウィジェットプラグインを作ってみた。

作成動機

以前、ブログテーマのカウンターを改造してみたのですが、これはテーマ純正プラグインを更新すると消し飛んでしまうことがわかり、実際消し飛んでしまったので、消し飛ばないように分離するようにしてみました。

作成工程

ウィジェットプラグインの情報を作成

まずは、どうやったらウィジェットを作れるのかについて簡単に調べました。 wp-content/plugins/配下に適当なフォルダを作れば作れそうな気配はしていたのですが、手順がよくわからないのでまずはそこから。

プラグインの作成 – WordPress Codex 日本語版を読むと wp-content/plugins/ か、そのサブディレクトリに配置するみたいに書いているので、適当にこの下にフォルダを作り、プラグインファイルを配置します。

次にファイル・ヘッダーの項目で標準プラグイン情報を記述する必要があるとあるので、適当に書きました。こんな感じ。YAHMAN Add-onsのコードを一部使っているためライセンスは継承。

ウィジェットプラグインの中身を作成

これで取り敢えずWordPressがこのファイルをプラグインとして認識し、インストール可能な状態となったので、次に中身を作ります。作ると言っても前作ったやつの転用なのでほぼコピペですが。

当然なんか書けば動くというわけではないので、まず関数リファレンス/register widget – WordPress Codex 日本語版でウィジェットのフォーマットを確認します。

要するに全体的にはこんな感じですね。

今回作成したウィジェットはこんな感じになりました。

使いたい人はいないと思いますが、なんとなくGitHubにも上げておきました。

ねこみみカウンタはまだ生きていた?

全然関係なくどうでもいい話ではあるんですが、Node.jsでねこみみカウンタを使ったカウンタを作っている人がいました。かなり古いカウンタ画像なのに新たに起用する人が私以外にもいるのは正直驚きました。(私の場合は新規というより引き継ぎですが…w)

なお、ねこみみカウンタ配布所では以下のようにあるため、私のリポジトリでは画像の同梱はしていません。

著作権に関しましては各キャラ(0~8)をキャラデザされた絵師の方々にあります。9のキャラの著作権は放棄してます(改変自由)

ウェブサイト上でアイコンとしての利用はOKですがTOP絵や看板、バナーなどアイコン以外のご利用に関しましてもお断り致しております

最後に

兎にも角にもこれで今後は心置きなく各種アップデートが出来ます。気が向いたらプラグインをもうちょっとまともにするかもしれないし、しないかもしれません。

りこ🍥
  • りこ🍥
  • 🌌ネトゲ廃人を経てWeb漂流物に成り果てた何か。さて次へ向かう先はどこやら。えっちらほっちら。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。